メニュー

ご予約・ご相談はこちら

理想の結婚式へ♡コンセプトの作り方と実例をチェック♪

LINEで送る
Pocket

「自分たちらしい結婚式♡」「オリジナリティのある結婚式にしたい♪」そう思うならおすすめは、結婚式準備はまずコンセプトを決めることからスタートさせること*

ふたりの決めたコンセプトは、これから始まる結婚式準備の道しるべのような役割をしてくれます。

最初にしっかりとした道しるべ(コンセプト)を作っておけば、この後の式場やアイテム選びは、コンセプトに添って決めることができるんです。

今回はそんな結婚式のコンセプトについて決め方や、実際にコンセプトに添った結婚式の実例をご紹介したいと思います♡

理想の結婚式に『コンセプト』が欠かせないワケ

 

これから結婚式準備をはじめる新郎新婦さまにぜひ『コンセプト』を持っていて欲しい*そのワケは……。

コンセプトとは

コンセプトとは、おふたりの結婚式の『構想』を描く軸でもあり、前述の通り理想の結婚式に向けた道しるべの役割もはたしてくれます。

人気のコンセプトといえば

  • 季節
  • テイスト(ナチュラル・クラシカル・スタイリッシュなど)

など大まかなテーマから入っても◎

けれど、さらにオリジナリティのある結婚式を目指すなら、大きなテーマをコンセプトにするのではなく『キーワード』を掲げることをおすすめします。

例えば

  • 結婚式を通してゲストに伝えたい言葉
  • おふたりのこれまでに欠かすことのできなかったもの
  • これまでおふたりがとても大切にしてきたこと

など「おふたりだから」なストーリーのあるキーワードをコンセプトにすると◎

よりおふたりらしく、そして思いを込めて結婚式準備をすすめることができるはず。

コンセプトを決めるベストなタイミング

結婚式のコンセプトを決めるベストなタイミングは、結婚式場を決める前です。

なぜなら、結婚式場はすでに決められたコンセプトによってデザインされたものだから。
式場を選んだ後にコンセプトを決めてしまうと、その結婚式場に合わせたコンセプトになってしまうんです。これは、本当の意味での“ふたりらしいコンセプト”ではないかも……。

でも式場を決める前にコンセプトを決めてしまえば、おふたりのコンセプトに合った式場選びをすることができます。

結婚式を挙げる場所は、理想の結婚式を挙げるための土台です。

ゼロからおふたりのコンセプトに合わせた結婚式をメイキングしていくためには、式場を決める前のタイミングでコンセプトを決めておくこと。

そしてそのあとで、コンセプトに添った結婚式を挙げる場所を探すのがベストな段取りです。

「変わった場所で結婚式を挙げたい♡」人とは違ったオーダーメイドウェディングの作り方*

結婚式のコンセプトが決まってるとこんなメリットも♡

『コンセプトのある結婚式』をおすすめする理由は、他にもこんなメリットがあるからです。

結婚式全体に統一感がでる

「結婚式には統一感を♡」なんて言葉を耳にしたことありませんか?統一感のある結婚式は、ゲストの印象にものこりやすく、心地よい空間を演出できるんです。

けれど、結婚式にその統一感を出すことはとても難しい……。

なぜなら結婚式は本当にたくさんのアイテムの集合体。それを数か月かけて決めていくわけですから、打ち合わせを重ねるにつれて少し好みが変わってしまうのは無理もありません。

そこでコンセプトが決まっていないと

  • 招待状はスタイリッシュなのに、ドレスはキュートでガーリーなイメージ
  • けれどテーブル装花はクラシカル
  • 披露宴はサプライズいっぱいのカーニバル感のあるプログラムが目白押し

こんな状況になってしまうのは、大げさな例ではありません。
チグハグな印象の結婚式は、ゲストもリラックスして過ごすことは難しいかも……。

そこで軸となるのが結婚式の『コンセプト』なんです。
数か月かけて準備する結婚式も、コンセプトがあるとアイテム選びもスムーズ統一感を保つだけではなく、迷う時間も削減できて、結婚式準備の効率もアップできるんです♪

ゲストに結婚式への思いが伝えやすい

コンセプトはおふたりの思いを込めて決めます。だからコンセプトを通して、おふたりの思いもゲストに届きやすくなります。

例えば、シンプルに「ありがとう」がコンセプトの場合。
感謝の気持ちを込めて

  • 結婚式で最も大切にすることは『おもてなし』
  • 演出は極力控えて「ありがとう」が直接伝えられるように、ゲストとのコミュニケーションを大切にした余裕のあるタイムスケジュールを組む
  • ゲストに日ごろの感謝の気持ちが伝えられるよう演出ムービーにはゲストへのメッセージを入れたい*
  • おもてなしを大切にしたいので、費用をかける優先順位は料理がいちばん!
  • 挙式はゲストに向かって誓うことができる人前式がいい

など挙式スタイルから演出内容、こだわりたいアイテムまでコンセプトに添って決めることができます。

そして結婚式全体を通してゲストへ「ありがとう」を伝えることができるんですよ*

このようにコンセプトは、おふたりの思いを乗せて演出やアイテム、空間全体を通してゲストにメッセージを伝えることができます。

オリジナリティのある結婚式がつくれる

コンセプトのある結婚式の最大のメリットといえるのが、オリジナリティのある結婚式が叶うことです。

しかもコンセプトがふたりらしいものであれば、あるほどに。

コンセプトに基づいた式場選びや演出、そして空間作りはゲストにとって「これまで行った結婚式のひとつ」とくくられてしまうのではなく「これまで行った結婚式にはなかった結婚式」と印象に残るはず。

おふたりにとって忘れられない一日となる結婚式は、ゲストにとっても特別な一日になります☆

結婚式のコンセプトが決まるまで~らしさWeddingの場合~

結婚式 コンセプト

「でも急に“どんなコンセプトにしますか?”と聞かれても困る」という方も多いですよね。

そこでおふたりらしい結婚式を叶えるために、らしさWeddingの『コンセプトができるまで』をご紹介しましょう。

まずは徹底的におふたりのお話を伺います

コンセプト作りに向けたヒアリングは、ウェディングプランナーはおふたりの思いをカタチにするためのきっかけに、そしておふたりはお互いの結婚式に対するイメージを共有するためのとても重要な作業です。

まずふたりらしいコンセプト作りは、ウェディングプランナーはおふたりを知るところからスタート。

“おふたりを知る”というのは、趣味や特技、仕事やプライベートな時間の過ごし方といったベーシックなところはもちろんのこと

    • 「結婚式を挙げよう!と思ったきっかけは?」
    • 「結婚式を通して、ゲストに何を伝えたい?」
    • 「おふたりが今後生活を重ねる上で、結婚式をどう振り返りたい?」
    • 「おふたりが生まれ育った環境」
    • 「家族とのご関係やエピソード」
    • 「お付き合いやプロポーズの想い出」
    • 「お互いを色で表すと何色だと思う?」
    • 「忘れられないプレゼントは何?」

など、何気ない質問からの答えにインスプレーションをもらいます。

こうしてたくさんの質問から、結婚式への思いだけではなく、お互いの印象やこれまでの想い出を振り返ることはコンセプト作りにとても重要なステップです。

質問に答えていくうちに、お互いの新たな一面を知ることも♡
何を大切にしていて、結婚式ではどんな思い出を残したいのか……。

らしさWeddingでは、おふたりの中の新たな気づきも大切にしながら、何年先もずっとこのコンセプトがおふたりにとってかけがえのないものになるために。ここはしっかり丁寧にヒアリングし、おふたりとディスカッションを重ねます。

コンセプトをご提案します♡

こうしておふたりからお話を伺って、後日ウェディングプランナーから、コンセプトシートをご提案します。

まずはコンセプトのご紹介です。
イラストをつけて、コンセプトに添ったイメージも一緒に♡

結婚式 コンセプト

コンセプトに合わせて色のご提案も♡ゲストの印象に残る結婚式にするためには、空間デザインも重要な要素です。

結婚式 コンセプト

そのために欠かせないのがテーマカラーを決めておくこと。
こうして単色ではなく、アクセントにするべく数色のカラーを設定しておくことをおすすめします◎

合い言葉になるようなキーワードも一緒にご提案♡
キーワードは、ペーパーアイテムに添えても◎

こちらのお客さまは、アウトドアウェディングだったため、スペースごとのご提案もしっかりと♡

結婚式 コンセプト

新郎新婦さまをはじめ、ゲストにとっても“ふたりだから”実現する空間にするために☆

らしさWeddingでは、こうして長い時間をかけてお伺いしたおふたりの言葉をカタチにかえて、コンセプトをデザインしていきます。

コンセプト『Hang out with!!!』パーティーの様子がこちら♡

コンセプトのある結婚式はこんなにも素敵♡

では実際にらしさWeddingでコンセプトのある結婚式を挙げたカップルの実例を見ていきましょう♪

「きこえる」

結婚式という特別な一日は、いつも以上に“きこえる”ように『ありがとう』を言おう!

おふたりの結婚式には、たくさんの音や言葉に彩られた“きこえる”がありました……♡

静寂に包まれた境内に、強く美しく響き渡る雅楽の音色が“きこえる”神前式からおふたりの結婚式はスタート。

結婚式 コンセプト

新郎さまが読み上げる『誓詞奏上』も一層響き渡り、ゲストが息をのんで見守る瞬間です。

結婚式 コンセプト

厳粛な雰囲気で行われた神前式のあとは、雰囲気がガラリとかわりアットホームなレストランにて、たくさんのお友だちに囲まれて披露パーティーがスタート。

おふたりらしく披露宴入り口にはウェルカムポスターでゲストをお出迎えです♪

結婚式 コンセプト

コンセプトの“きこえる”に合わせて、コンサートチケット風な招待状もゲストに好評でした♡

だってコンセプトに合わせて結婚式をデザインするのは、前撮りからもこだわりましたからね♪

“きこえる”がコンセプトのおふたりの結婚式は、さらにこちらから詳しくご紹介しています。
にぎやかな音楽に合わせるように彩られたカラーコーディネートにも注目です◎

コンセプト『きこえる』パーティーの様子はこちらから♡

『Hi Ka Ri』

こちらのパーティーは、グランピング施設で行われたアウトドアウェディング*

ご親族中心の食事会ののち、ご友人も加わって挙式。そして挙式後は、ご友人中心のカジュアルなパーティーと二部制で行われました♪

おふたりの結婚式のテーマは『Hi Ka Ri』。

秋の景色が色づきだしたころ、おふたりの結婚式はたくさんの光が差し込む青空のもと行われました*
結婚式 コンセプト

屋外での結婚式の魅力は何といってもその開放感。
緊張感のある挙式も、自然と笑顔が溢れます◎

結婚式 コンセプト

挙式の記念撮影だって、皆さまこの笑顔*
結婚式 コンセプト

ご友人中心のカジュアルなパーティーでは、肩肘張らないアットホームな空間に自然とみんな笑顔がこぼれます。

結婚式 コンセプト

写真に移りこむおふたり、おふたり、そしてゲストのキラキラひかるような笑顔の数々がきっとこのコンセプトの意味をあらわしているはず。

コンセプト『Hi Ka Ri』パーティーレポートはこちらから♡

『改めて、今日』

2020年、誰も予想だにしていなかった新型コロナウィルスの感染拡大。これまで当たり前にできていたことができなくなりました。結婚式もその一つ。

たくさんの新郎新婦さまが、結婚式を延期もしくは中止を余儀なくされる事態に。
結婚式を挙げたとしても、当初の予定を大幅に変更し、招待人数を減らして決行する新郎新婦さまも多くいらっしゃいました。

ここでご紹介する新郎新婦さまも同じく。

「結婚式はどうするべきか……」
おふたりがたくさん悩まれたうえで、選ばれた結婚式のスタイルはふたりだけの結婚式。

思い出の場所で、二人だけで結婚式を挙げることでした。

おふたりが選ばれた結婚式のスタイルは、2通の手紙を通じて思いを伝えあう『レターセレモニー』。

結婚式 コンセプト

今日を迎えるまでの思いを込めた1通。そして10年後のお互いに向けた1通。
1文字1文字に思いをつづって結婚式の日、改めてお互いに言葉を贈り合います。

「今日だからこそ、 改めて伝えられる言葉がある」
そんな思いを込めて、大切な結婚式の日には、大切な思い出の場所で、おふたりだけのかけがえのない時間をすごされた結婚式でした。

ふたりだけの結婚式ですが、ここでもやはり結婚式のコンセプトに合わせて空間作りにはこだわります。
おふたりの思い出の場所が、この先もずっと結婚式という彩りに満ちた場所になるために。

おふたりの背景に建てられた、ジョーゼットを巻き付けたウェディングアーチを。ジョーゼットが風にふんわりとなびき、レターセレモニー中のおふたりを優しい雰囲気で包み込みます。

『改めて、今日』のさらに詳しい挙式レポートはこちらから♡

まとめ

理想の結婚式作りに必要な、コンセプトの魅力や作り方についてご紹介しました。

結婚式のコンセプトは、二人の思いをカタチにするための大切な要素。
できれば結婚式場を申し込む前に、まずはコンセプトを決めるところからはじめましょう。

「まだ結婚式のイメージが沸かない」という方でも大丈夫。
らしさWeddingでは、おふたりの何気ない会話の数々から、コンセプト作りのきっかけになるようなキーワードをキャッチ。そしてご提案させていただきます。

ご興味のある方はぜひお問い合わせください

\オリジナリティのある結婚式の作り方♡/

【実例で見る♡】おしゃれな結婚式を叶える方法

LINEで送る
Pocket

記事一覧に戻る

ご予約・ご相談

お電話によるクイック相談・ご予約はこちら

大阪
06-7777-4067
京都
075-600-2239

平日11:00~18:00 土日祝9:00~19:00
定休日:毎週水曜日(祝日除く)

Webからのご相談・ご予約はこちら

かんたん来店予約

メールでのご相談はこちら

LINEでのご相談はこちら

Skype相談お申し込み

※ご来店が困難な方は、スカイプでご相談いただけます。

このページのトップへ戻る

メニュー