メニュー

ご予約・ご相談はこちら

結婚式のお車代のこと

LINEで送る
Pocket

ウェディングアドバイザーのakikoです、先日ママ友と話していたときに、ふと自分たちの結婚式の話になりました。

みんな主婦ですから、結婚式の夢の話だけではなく 、現実的な『お金』の話にも花が咲き(^^;

私の場合は、自分が勤めていた結婚式場で結婚式を挙げたので、有難いことに社員割引があったり、取引先の方々が何かとサービスをしてくれたりでお得に挙げることができました。

ですが、結婚式に関わる費用の話といえば、 我が家の場合、とってもお金が掛かったのが『お車代』です。

結論を先に言うと、私たちの結婚式ではお車代が120万円かかりました。

私は関西の出身で、ゲストもほとんど関西だったためお車代はさほど必要ありませんでしたが、問題は主人側です。

飛行機で来なくちゃいけないような距離から、総勢40名ものゲストが。

往復の飛行機代に加え、ホテルマンの知り合いに団体割引をしてもらって宿泊代を抑えたとしてもひとり3万円少し。
が、40名分で……。およそ120万円のお車代という計算です。

プランナーのときに、新郎新婦さまから
「お車代って、普通どのくらい負担するもんなんですか?」
とよく質問をいただいていました。

お車代の負担には、決まったマナーはありません。

・新幹線や飛行機の往復代を負担
・片道だけを負担
・キリの良い数字の費用を負担
・交通費と宿泊すべてを負担
・宿泊費はゲスト負担

とご両家によってさまざまです。

それまでのご両家の習慣もあるので、困ったときには一度ご両親にご相談をされるのが◎

我が家の場合は、主人の出身地の風習から、本来は「男性側の風習に合わせるのがベスト(男性側の地方で結婚式をする)」であったにもかかわらず、私が結婚式の仕事をしていることもあり

「だったらみんなで観光がてら行こう!」

ということにしてくださり、みなさんで関西に大移動していただきました。

その流れもあったので、移動や宿泊に伴う費用はゲストには負担させてしまうのではなく、私たちが負担するということになりました。

『結婚式の費用』というと、どうしても結婚式場でもらう見積ばかりに目がいきがち。

けれど、私たちほどの金額にはならないものの、お車代やお礼に関わる費用も積もり積もれば大きな金額になります。

これから結婚式を迎えるプレ花嫁のみなさま。

結婚式の費用を計算するときには、見積に書かれている費用だけではなく、それ以外の費用のことも忘れず計算するようにしてくださいね!

LINEで送る
Pocket

記事一覧に戻る

ご予約・ご相談

お電話によるクイック相談・ご予約はこちら

TEL:075-600-2239

平日11:00~18:00 土日祝9:00~19:00
定休日:毎週水曜日(祝日除く)

Webからのご相談・ご予約はこちら

かんたん来店予約

メールでのご相談はこちら

LINEでのご相談はこちら

Skype相談お申し込み

※ご来店が困難な方は、スカイプでご相談いただけます。

このページのトップへ戻る

メニュー