メニュー

ご予約・ご相談はこちら

結婚式で花嫁が着る《 和装 》ってどんな衣装!?

  • 和装
  • 引き振袖
  • 白無垢
  • 色打掛
  • 衣装のコーディネート
LINEで送る
Pocket

花嫁の和装ってどんな衣装!?

日本ならではの和装、どんな種類の和装があるのか結婚式のどのシーンに着たらいいのかをご紹介していきます!!

白無垢

挙式用の衣装とされ、打掛から、打掛の下に着る掛下と呼ばれる着物、帯、帯締め、抱え帯、懐剣や筥迫まで身に着ける物、全て白で統一した格式高い衣装です。
白は花嫁の無垢な純真さを表し、嫁ぎ先の「その家の色に染まります」という意味をもつとされています。
挙式時に綿帽子か角隠しをつけます。
挙式に白無垢をお召になり、ご披露宴からご参加の方にも白無垢姿をご覧頂けるように、ご披露宴入場も白無垢という方も増えてきています!

色打掛

挙式にも披露宴にも着ることができ、白以外の打掛のことをいいます。色も鮮やかで、柄も華やかにおめでたい柄が多く用いられています。
挙式時に角隠しをつけ、披露宴の時は角隠しをはずします。
挙式は洋装ウェディングドレスで、お色直し和装で色打掛にガラリとチェンジ!というスタイルでお召の方もいらっしゃいます!

引振袖

振袖は未婚女性の第一礼装です。成人式の振袖とは異なり、比翼仕立てといって着物を重ねて着ているように見える仕立てがなされ、裾にはふきという綿が入れられています。着付けの際も、裾を引きずるようにお着付されます。
引振袖も挙式にも披露宴にも着ることができますが、挙式時には色打掛と同様、角隠しをつけ、披露宴の時は角隠しをはずします。
黒の引き振袖にお鬘・角隠しでの挙式スタイルは、まっすぐ前を未来を見つめる凛とした印象をつくりだしてくれますよ!!

まとめ

今回は、大まかに3種類の花嫁衣裳を紹介しました!
どんな衣装のがあるかを知ると、ワクワクしてきますね!
衣装ひとつでイメージは大きく変わります!、お二人のご結婚式への想いを衣装でカタチにしていきましょう!





らしさWedding Kyotoの魅力はこちらから ≫
魅力いっぱいの会場はこちらから ≫
お二人らしい結婚式を探したい方はこちらから ≫

LINEで送る
Pocket

記事一覧に戻る

ご予約・ご相談

お電話によるクイック相談・ご予約はこちら

TEL:075-757-8277

平日11:00~18:00 土日祝9:00~19:00
定休日:毎週水曜日(祝日除く)

Webからのご相談・ご予約はこちら

かんたん来店予約

メールでのご相談はこちら

LINEでのご相談はこちら

Skype相談お申し込み

※ご来店が困難な方は、スカイプでご相談いただけます。

Instagram

@rasisaweddingkyoto

このページのトップへ戻る

メニュー