メニュー

ご予約・ご相談はこちら

【保存版】カジュアルな式に合うダウンヘアスタイルのご紹介*

  • トレンド
  • ヘアスタイル
  • ヘアメイク
  • 保存版
LINEで送る
Pocket

アップスタイルの多い花嫁ヘアですが、髪を下したダウンスタイルもとても人気!
美容大国韓国では、王道のシニヨンスタイルに続いてダウンスタイルが人気だとか。
日本でも、特にカジュアルなパーティーならば、王道ヘアよりもダウンの方がより似合うことも。
華やかなアレンジがしやすく、オーラあるヘアスタイルを作ることもできます。そんなダウンヘアスタイルをいくつかご紹介しますので、ぜひ、チェックしてみてくださいね。

ローポニーテールでエレガントスタイルに


カジュアルスタイルのなかでも大人気!低い位置でポニーテールを作るスタイル
花嫁ヘア用にアレンジし、ニュアンスをつけて華やかな雰囲気に♪
抜け感があるから、ラフで自然なスタイルです。でも、とってもエレガントな雰囲気ですよね?
ウェディングドレスにもよく似合うスタイルです。
きっちりと結ばず、ゆるゆると髪を巻くことで、女性らしいスタイルが生まれます。花で飾ってもいいですし、パールやキラキラアクセサリーを合わせると、同じ髪型でも雰囲気がガラリと変わりますよ*
大人っぽくもキュートなヘアスタイルは、花嫁さんが動くたびにユラユラと揺れ、ゲストの視線を独り占めしてしまいます♡

編み込みダウンで印象的な後ろ姿に♡


自分からは見えないけれど、手の込んだ編み込みスタイルは、後ろ姿をとっても印象的にしてくれるもの。
ゲストからは良く見られるだけに、しっかりと作り込んでおくのがおすすめです。
編み込んだ髪には花々を散らしたり、パールをところどころに着けたりして、ヘアアクセを細かく配置するスタイルが人気です。
「塔の上のラプンツェル」のような、プリンセススタイルにする花嫁さんもいますよ♪白いフェザーやリボン、レースを絡ませて、よりロマンチックな装いにすることも。
編み込みだけ施し、ノーアクセでナチュラルに仕上げても素敵なスタイルに。なりたい花嫁像に合わせて、アレンジしてくださいね。

ハーフアップで王道スタイルを作る!


カジュアルなヘアスタイルのハーフアップですが、トップを高めにとれば、ダウンスタイルでも王道なイメージを作ることができます。
Aラインドレスやアンティークドレス、袖アリドレスをラフに着こなしながらも、花嫁としての神秘的な雰囲気をまとうのならば、ハーフアップにビジューを添えて、クラシカルなヘアを作ってみてください。
黒髪の花嫁さんでも、顔周りがスッキリとするため、ダウンスタイルでもバランスよく作ることができます。
同じハーフアップでも、髪の巻き方やサイドの髪の残し方、編み込みを入れた方法などで、イメージを変えることができます。
お顔立ちやドレスとのバランスを見ながら、いろんなハーフアップを研究してみると、理想に近づけることができますよ♪

ノーアクセサリーの完全ダウンスタイルもOK


まったくアレンジを加えず、髪をおろすだけの完全ダウンスタイルでもOK*
軽く巻いて、前髪を整えただけのスタイルでも、ドレスに良く似合いますよね♡ かき上げ前髪にすると、マーメイドラインのドレスにぴったりな大人セクシーな印象に!
韓国のウェディングシーンでは今最も注目されているヘアスタイルです。
顔周りはスッキリと見せ、耳を出すのがおすすめです。髪が頬にかからないようにしましょう。
ヘアアクセサリーがないからこそ、個性的なピアスやイヤリングも合わせやすくなります。ヘアがシンプルなだけに、大ぶりなアクセサリーも似合うように。
髪をおろすからこそ、髪のコンディションは丁寧にケアしておくのがおすすめです。毛先までしっかりと保湿し、ツヤのある髪を作り上げておきましょう。
どんなヘアアクセサリーよりも輝きを放ち、花嫁のオーラがより強まるはず!

まとめ

カジュアルな式にも合うけれど、花嫁らしさは出したいもの。ダウンスタイルだからこそできるアレンジやアクセサリーの使い方を、ぜひ知っておいてください。
ドレスに合うような、ダウンヘアのアレンジをたくさん探してみましょう。
また、毛先までしっかりと見られてしまうだけに、髪のケアはよりしっかりとしておいて

LINEで送る
Pocket

記事一覧に戻る

ご予約・ご相談

お電話によるクイック相談・ご予約はこちら

TEL:075-757-8277

平日11:00~18:00 土日祝9:00~19:00
定休日:毎週水曜日(祝日除く)

Webからのご相談・ご予約はこちら

かんたん来店予約

メールでのご相談はこちら

LINEでのご相談はこちら

Skype相談お申し込み

※ご来店が困難な方は、スカイプでご相談いただけます。

Instagram

@rasisaweddingkyoto

このページのトップへ戻る

メニュー