メニュー

ご予約・ご相談はこちら

京都のシンボル 平安神宮の古式ゆかしい結婚式のご紹介【京都のオススメ神社婚シリーズ】

  • おすすめ会場
  • 会場情報
  • 神社
LINEで送る
Pocket

らしさWedding Kyotoのウェディングプランナーが厳選して会場をご紹介♪
今回ご紹介する会場は、世界的にも有名な神社である「平安神宮」。
その歴史と、人気の理由を徹底解説! 有名社寺で結婚式がしたいとお考えの方、必見です!!

1.まずは平安神宮の基本情報から

京都のシンボル 平安神宮での結婚式

・立地

平安神宮は、左京区の岡崎というエリアに位置します。
周りには京都市立美術館やみやこめっせなど、文化を発信する建物が多くあり、国内外から京都を訪れる観光客が必ずといっても良いほど訪れる京都有数の観光スポットです。
周囲には料亭やレストラン、ゲストハウス等の披露宴会場もたくさんあるエリアです。

・歴史

平安神宮は、1895年に平安遷都1100年を記念して創建された、比較的新しい神社です。京都では珍しい、現人神として第50代桓武天皇、第121代孝明天皇が祀られています。
創建当時の京都は、幕末の戦乱で市街地は荒廃していました。そして、明治維新によって事実上首都が東京へ移ったことにより、人々に大きな打撃を与えていたそんな時代。そんな状況下で京都を救ったのが、京都復興への市民の情熱と、全国の人々の京都に対する思い入れでした。千年以上も栄え続けた京都を後世に伝えるため、京都の復興にかけた多くの人々の遺志を後の世に伝えるため、熱意と一連の町おこし事業が結集し、平安神宮が創建されたのです。

・御祭神

平安神宮には、第50代桓武天皇、第121代孝明天皇が祀られています。
創建当初は桓武天皇のみを祀っていたが、1940年に京都市民の懇意として孝明天皇も祀られることとなりました。

2.平安神宮で行う結婚式の基本情報

平安神宮での結婚式は、以下の2ヶ所で執り行われています。

  • 本殿
  • 儀式殿

本殿での結婚式は平日限定で、1日4組までしか受付ていません。ですが、その特別感からか、かなり人気が高く、良いシーズンは予約が取れないことも。
儀式殿での結婚式は、平日・土日祝を問わず、1日13組受付をしています。13組も本当にやっているの?!と思われがちですが、毎週末はほぼ予約でいっぱいの状態。人気の高さが伺えます。

そして、基本的に必要となる費用は以下の通り

  1. 初穂料 本殿:300,000円/儀式殿:120,000円
  2. 衣装持込料 新郎:10,000円/新婦:30,000円

初穂料は、本殿でするのか、儀式殿でするのかによって倍以上の金額差があります。
普段は限られた人しか入ることが出来ないため、それだけ価値があると言えるでしょう。
衣装の持込料は、平安神宮以外の場所で支度をして向かう場合には必要ありません。支度の場所を借りるための費用と考えると安いのか?高いのか?という感じです。

ちなみに写真の持込は一切NG。提携のカメラマンに依頼するしか写真を残す方法はありません。披露宴を別の場所でする場合は、出張もしてくれるので安心です。

それぞれの式場で入れる人数も異なるので要注意。本殿の場合は合計50名まで、儀式殿の場合は合計38名までとなっています。友人の参列もOKなので、だれに参列してもらうかも、よく考えましょう!

3.らしさWedding Kyotoがご紹介する 平安神宮で行う結婚式のオススメポイント

1)縁結びの代表的スポット

平安神宮のご利益の中に、「縁結び」があります。これは、祀られているご祭神が恋愛に関するパワーを持っているのではなく、これまで平安神宮で結婚式をした数多くのカップルの縁が続いているからのもの。

というのも、平安神宮が創建されて間もなくのころ、神前式のブームが訪れます。そこから、「結婚式をするなら平安神宮」という言葉も出てきたほどに一躍結婚式の人気スポットとなりました。
そんな『新婚夫婦の幸せオーラが集まる場所』、その幸せが『次のカップルへ繋がっていく場所』として、縁結びのスポットとして愛されています。

2)京都で唯一の“平安京”を感じることが出来る場所

平安神宮は、千年以上も栄えた平安京の雅な姿を後の世に伝えるために創建されました。
その社殿は文献や絵巻物から、桓武天皇が平安京を開いた当時の正庁であった「朝堂院」を8分の5の規模間で完全再現されています。

建物の美しさはもちろん、庭園でも雅な美しさを感じることが出来るのも平安神宮ならでは。ほかの神社では比べ物にならないほどの広い庭園を有し、訪れる人々の心を刺激します。

3)四季折々の美しさ、何度も訪れたくなる心の拠り所

社殿を取り囲むようにして位置する広大な庭園は、四季折々の美しさで人々を魅了しています。
春には枝垂れ桜、初夏には新緑やカキツバタ、花菖蒲、秋には絶景広がる紅葉、冬には雪景色。結婚式をどの時期にするかも迷うほどの美しさ。一度見ると、他の時期に見せる顔も見たくなるようなそんな不思議な力をもつ場所です。

4.まとめ

平安神宮の結婚式 朱赤

今回は、京都のシンボル平安神宮のおすすめポイントをご紹介しました。
人気のスポットだけあって、1年前でも予約が取りにくい日もあるような場所なので、早めの予約がおすすめ!隣接する平安神宮会館では披露宴も行うことが出来るので、移動の手間を減らしたいという方には良いかも。
何度も訪れたくなる そんな神社のご紹介でした!





らしさWedding Kyotoの魅力はこちらから ≫
魅力いっぱいの会場はこちらから ≫
お二人らしい結婚式を探したい方はこちらから ≫

LINEで送る
Pocket

記事一覧に戻る

ご予約・ご相談

お電話によるクイック相談・ご予約はこちら

TEL:075-757-8277

平日11:00~18:00 土日祝9:00~19:00
定休日:毎週水曜日(祝日除く)

Webからのご相談・ご予約はこちら

かんたん来店予約

メールでのご相談はこちら

LINEでのご相談はこちら

Skype相談お申し込み

※ご来店が困難な方は、スカイプでご相談いただけます。

Instagram

@rasisaweddingkyoto

このページのトップへ戻る

メニュー