メニュー

ご予約・ご相談はこちら

プレ花嫁必見* ~結婚式場で掛かる費用~

LINEで送る
Pocket

ここでご紹介するのは、結婚式費用の中でも、結婚式場を使用するのに必ず必要となる項目。

見積には必ず入るものだから、項目名や内容、そして相場を覚えておくようにしましょう。

会場費


『会場費』とは、結婚式を挙げるために使用する会場を使うための費用のこと。

会場費は、同じ式場内でも使う披露宴会場の広さ次第で費用が異なり、相場は10~30万円ほど。また数百人入る規模の大きい披露宴会場の場合は、40万円以上というところも!

また注意したいのが、会場費以外に『お席料』としてゲスト一人当たり別の料金が必要になる場合も。500~2000円程度を見越しておいて〇

また『会場費』や『お席料』にテーブルクロスやナフキン代が含まれているのかもチェック。

ナフキンやクロスは式場が準備しているラインナップの中から選びます。

そしてナフキンにさまざまな折り方があるのはご存知ですか?
ここも費用が掛かるポイントになるカモ。通常は決められたラインナップの中から折り方を選びますが、中にはオリジナリティのある折り方を希望するカップルも!その場合には「一人500円」などの追加料金が掛かる場合があるので、注意しましょう。

挙式料


挙式料とは、挙式を挙げるための費用のこと。挙式料は、挙式スタイルによって相場が異なります。

人前式なら10~20万円、キリスト教式は20~30万円程度が相場。

挙式料には、挙式を挙げるにあたり必要なものが含まれていることが多く、牧師さんや人前式なら司会者。そのほか聖歌隊やオルガニストまた式次第なども含まれていることがほとんど。

ただし式場によっては『日本人牧師』『外国人牧師』で料金が異なる場合も!

音響・照明


会場で音響や照明機材を使用するために必要な費用。
こちらも会場の大きさや式場によって金額が異なり、5万~15万円と幅は広め。

結婚式では、好きな曲を好きなだけ掛けられるワケではなく、式場によっては決められたBGMリストの中から選び、それ以外の曲なら「追加料金が必要」というパターンも。

音響スタッフと直接打ち合わせをして、結婚式当日のBGMを決める式場もあります。

司会者


結婚式をスムーズに進めるためにも欠かすことが出来ない存在の司会者さん。

「節約のために」と身内や、知り合いに司会を頼む人もいるけれど、そこはちょっと待って!

司会をする人は、ゆっくりと食事を楽しむ余裕もなく、また事前にコメントを考えたり、ミスの無いよう練習をしていたりと何かと負担が掛かりがちです。

結婚式は、出来ればプロの司会者さんにすべてをお任せする方が◎
その方が、安心して結婚式の間も過ごすことができますよ。

最後に

結婚式費用の中でも、どの式場を選んでも必ず必要な会場に関わる費用についてご紹介しました。

いずれの項目も、式場によって含まれているものが違っていたり、オプションで追加料金が掛かることもあります。

見積を確認するときには、『項目名』と金額だけを見るのではなく『含まれているもの』も必ずチェックするようにしましょう*

LINEで送る
Pocket

記事一覧に戻る

ご予約・ご相談

お電話によるクイック相談・ご予約はこちら

TEL:075-757-8277

平日11:00~18:00 土日祝9:00~19:00
定休日:毎週水曜日(祝日除く)

Webからのご相談・ご予約はこちら

かんたん来店予約

メールでのご相談はこちら

LINEでのご相談はこちら

Skype相談お申し込み

※ご来店が困難な方は、スカイプでご相談いただけます。

Instagram

@rasisaweddingkyoto

このページのトップへ戻る

メニュー