メニュー

ご予約・ご相談はこちら

【招待状の付箋♡】大切なお知らせを存在感UPさせるための方法♡

LINEで送る
Pocket

招待状の中には、招待状の本状以外に返信ハガキと、そして『付箋』を入れる必要があります。

ですが、付箋はとても大切なお知らせが書かれているのに、どうしても小さいので見落とされがち……。

今回は先輩花嫁さまの付箋デザインを参考にしながら、存在感をアップさせるヒントをご紹介しましょう♡

招待状に必須のアイテム『付箋』♡

招待状に入れる付箋とは、ゲスト個人にあてた大切なお知らせを伝えるカードのこと。
『リクエストカード』と呼ばれることもあります。

‘大切なお知らせ’とは

  • 挙式参列のお願い
  • 集合写真参加のお願い
  • 受付担当のお願い
  • 余興のお願い

などを付箋でお知らせします。
ゲスト個人にお願いするものなので招待状本状には印刷せず、こうして付箋にお願いごとを書いて封入するんです。

付箋それぞれには「お願い」だけではなく

『挙式にもご出席賜りたく
〇時〇分に〇〇までお越しください。』

など、時間や場所など細かなお願いも記載しているので、ゲストには是非目を通していただきたいペーパーアイテム。

だけど、付箋は招待状よりも小さいサイズで作ることが一般的なので、見落とされてしまう可能性もあるんですよね……。

だから理想は、存在感があっておしゃれな付箋♡

そこでインスタグラムに投稿されていた先輩花嫁さまの付箋をご紹介します。これから招待状作りをするときの、ヒントになるデザインがたくさんありました*

前撮り写真も付箋に添えてでおしゃれに♡

 

この投稿をInstagramで見る

 

𝓶 𝓳(@m_j_wedding)がシェアした投稿


海外の招待状を参考に作られたという付箋。

付箋が3枚構成で作られていて、一枚目はおしゃれな前撮り写真が♡
前撮り写真の色合いと、付箋をまとめてるシフォンのリボン、付箋の用紙などトータルでくすみカラーが使用されていてカラーバランスも抜群!

おしゃれな招待状が届くと、結婚式への期待度も上がりますよね☆

大好きなディズニーを付箋のバックに

 

この投稿をInstagramで見る

 

e m i(@disney_wedding_emi)がシェアした投稿

ディズニー好きの花嫁さま注目♡
こちらは、付箋のベースに美女と野獣のイラストが使用されています。

結婚式のテーマにディズニーを使っている場合などは特におすすめ☆

招待状は、結婚式のアイテムの中で最初にゲストに届けるものです。
だから第一印象はとても大切。

こうして結婚式のテーマや、大好きなものを伝えるとゲストの印象にも残りやすくなりますよ!

驚きの低予算なのに高見え☆花嫁DIYのお手本付箋*

 

この投稿をInstagramで見る

 

ᴍᴀᴋɪ(@__t.o_m.o__)がシェアした投稿

招待状などペーパーアイテムを作ると、用紙の素材や色味など好みのものにできるので人気なんですが、一方ではこだわり過ぎが故に、既製品よりも予算が高くなってしまうことが……。

なんとこちらのお写真の付箋は、セリアの用紙を使ってらっしゃるそうで、予算は一枚一円なんだとか!

デザインはテンプレートを使って、用紙を節約すれば、お得に、こんなにおしゃれに仕上げることが出来るんですね。

節約できて、高見え。
花嫁DIYのお手本です♡

ご両親用の招待状にも♡大切なお知らせを付箋で

 

この投稿をInstagramで見る

 

wedding_maai(@maaaaa_aaaaai)がシェアした投稿

本来、ご両親は新郎新婦さまと同じくゲストをお招きする側になるため、招待状はお送りしません。

ですが、新郎新婦さまの中には
「せっかくなので、両親にもゲスト気分を味わってもらいたい」
と、ご両親にも招待状をお送りする方も♡

そんな方にお手本にしていただきたい付箋がこちら*

  • バージンロードを一緒に歩くお父さんへ
  • ベールダウンをしてくださるお母さんへ

付箋でお知らせするアイデアです。

口頭でお願いするよりも、ウンと重みがありご両親にも喜んでいただけそうですね☆

ゲストへの気配り光る特別な付箋を☆

 

この投稿をInstagramで見る

 

chiharu(@2020_0208)がシェアした投稿

「あなたの大切な時間私たちにください」
デザイン性も高く、そして新郎新婦さまのゲストへの気配りも感じられる温かいメッセージが描かれた付箋*

日程のお知らせは、招待状の本状に記載しているので、必ずしも付箋で入れる必要がありません。

ですが、こうして大切な時間を共に過ごしていただくお礼の気持ちを付箋にして招待状に同封するのも素敵なアイデアだと思いませんか♡

この気配りも大切なおもてなしですね。

付箋にアクリル絵の具で立体感も♡

 

この投稿をInstagramで見る

 

nami (28)(@naaa_wd)がシェアした投稿

ほんの少し手を加えることで、オリジナリティがアップすることも手作りの魅力です。

例えば、こちらのお写真♡
アクリル絵の具で『Request』の下にラインが引かれているんですが、絵の具なのでラインに立体感が出るんです。

テーマカラーの絵の具でラインを引いてもおしゃれですね♪

割ピンが付箋のアクセントに*

 

この投稿をInstagramで見る

 

K&A.E(@ka1019wedding)がシェアした投稿

付箋といえば、横長のデザインが多いのですが、こちらはスクエア型♡

トレーシングペーパーで表紙を作って、割ピンで留めるアイデアです。
小さくても、割ピンのアクセントが付いているので、見落とされてしまう心配もなさそう♪

招待状の付箋は用紙のデザインだけではなく、アクセントとなるリボンやピンも重要なポイントですね。

まとめ

招待状に封入するマストアイテム『付箋』のアイデアをご紹介しました。

付箋とは、『挙式のご案内』や『受付のお願い』などゲスト個人に向けたメッセージを伝えるペーパーアイテム。

大切なお知らせですが、小さいカードタイプなので見落とされる心配も……。

だからデザインや素材、そしてアクセントになるリボンやピンなどのアイテムを使って存在感をアップさせてゲストにお知らせしてください♡

LINEで送る
Pocket

記事一覧に戻る

ご予約・ご相談

お電話によるクイック相談・ご予約はこちら

TEL:075-600-2239

平日11:00~18:00 土日祝9:00~19:00
定休日:毎週水曜日(祝日除く)

Webからのご相談・ご予約はこちら

かんたん来店予約

メールでのご相談はこちら

LINEでのご相談はこちら

Skype相談お申し込み

※ご来店が困難な方は、スカイプでご相談いただけます。

このページのトップへ戻る

メニュー